中学受験・高校受験のタイムリーな情報を掲載

中高受験新報

未分類

都立広尾高校が3番手校復活へ!

投稿日:


■入学者偏差値が5年連続で上昇! 広尾高校の凄さ

今、改革成功校として都内で最も注目を集める学校の一つが、渋谷区の都立広尾高校です。渋谷駅からも徒歩圏内!都会派進学校の一つでもある広尾高校はここ数年、入学者の偏差値上昇が止まりません。

大手模試Vもぎによると、5年連続で入学者の偏差値が上昇していて、+4~+5という大幅な伸びをせています。これほど偏差値が上昇する学校は稀で、都内では、改革初期の日比谷高校、躍進校として名高い新宿高校、21世紀型の理系進学校として注目されている多摩科学技術高校など数えるほど。

こうした評判の高い名門校の中で、堂々と広尾高校が入るのには、地道におこなってき学校改革が、生徒、保護者、塾などの教育関係者の間で評判として広まったことが背景にあります。

f:id:jyukenkenkyu:20150815000123j:plain

 

■難関大学進学に重点を置き爆発的に伸びた進学実績 

難関大学進学に力を入れてから、有名私大の合格実績は爆発的に伸びており、早慶上智+MARCHの合格者総数は、わずか5年間で9名から50名と急上昇。

その原動力の一つとなったのが「大学入試研究部」!通称「勉強部」です。広尾高校は部活動が活発なので、難関大入試に向けて頑張る部活も創ってみようというユニークな発想!

年々に参加者は増え続け、目玉の広尾高校独自の勉強合宿は、今や100名以上が参加する一大イベントに!消灯時間を過ぎても多くの生徒が熱心に勉強しているとか。

通常授業は、MARCHレベル以上の有名大学合格を意識した内容。通常授業のみで補えない内容は、夏休み、冬休みなどの長期休業中の講習が年間150回以上!さらに、土曜日は通常授業に加えて、希望者対象の土曜講座を年間80講座!苦手な生徒を対象にする基礎徹底講座から、早慶上智レベルにまで対応する発展講座まで多種多彩。さらに、予備校講師による受験英語土曜講座も行っています。

これだけ大学入試に向けた体制が充実していると、もはや予備校いらず。広尾高校は「予備校いらずの進学校」として、地域からの評判が高まっています。

 

■理数フロンティア校に指定! 科学の甲子園に出場も!

広尾高校は、東京都から理数フロンティア校に指定されています。都立西高校などの最難関校も指定されていますから、進学校としての期待の高さがうかがえます。

広尾高校は、難関大学進学に対応できる理数教育がテーマ。東京理科大学と中央大学理工学部と提携して、自習室での勉強支援、実験器具や数学ソフトによる高度な実験・授業の取組を行っています。このような成果から、理数に自信のある生徒が集まる「科学の甲子園」において、東京都4位に入賞しました。上位入賞は有数の進学校ばかりですから快挙です。

ちなみに、広尾高校には、予備校に設置されるような本格的な自習室を完備していて、毎日夜6時30分まで、定期試験前は夜7時まで開かれています。質問できるように、難関大出身の卒業生がいて、勉強のサポートもしてくれます。

広尾高校では毎年、有名大学の学長を招いた「学長講演会」を開いています。中央大学、東京理科大学、上智大学、青山学院大学など、普通ではまず聞くことのできない学長から直接話を聞けるとても貴重な機会です。

 

■加入率100%を超えた部活動! 新しい行事も増える!

進学校としての復活著しい広尾高校ですが、部活動は衰退するどころかむしろ活性化してきています。

今年の入学者の部活動加入率はなんと106%!100%を超えるのは、2つの部活動に入る兼部の生徒もいるからで、全都でも有数の部活動の活発さです。

女子バスケットボール部が関東大会出場、男子バスケットボールが都大会ベスト16、吹奏楽部の金賞受賞など実績も上がっています。

大学受験重視だから学校行事は盛んでない!? 広尾高校は逆。大学受験も学校行事も本気で力を入れます。体育祭・文化祭の来場者数は、5年前まで1300人程度だったのが、昨年は3200人を超える盛況ぶり。2年前には合唱祭という新しい学校行事も始まりました。

 

■都立3番手校への復活は確実!

広尾高校の躍進ぶりは、将来の都立3番手校への復活を予感させます。「都立3番手校」とは、小山台高校、三田高校、竹早高校、都立駒場高校、白鴎高校、都立城東高校、北園高校、大泉高校、富士高校、小松川高校、墨田川高校、文京高校といった上位進学校群。

広尾高校はかつてこのレベルの進学校でしたが、一時期の都立全体の不振で、広尾高校も低迷を余儀なくされました。

しかし、難関大学進学を前面に打ち出し、部活動や行事も重視した学校改革で、一気に復活傾向が鮮明化。偏差値は急激に伸びています。

大学進学実績のますますの躍進は確実で、数年以内に都立3番手校に復活すると予想されます。小山台高校、竹早高校、三田高校といった都立3番手校を検討している人は、ぜひ広尾高校も検討してみてください。

 


-未分類

Copyright© 中高受験新報 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.