読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高受験新報

中学受験・高校受験の情報をタイムリーに掲載

東大合格者数高校別ランキング2016【速報】

2016年 高校別東大合格者数ランキング

■日比谷高校、東大53名で44年ぶり50人超え

都立西高校、東大32名、京大15名、国立医学部21名の大躍進

小石川中等教育学校、都立一貫校初の2ケタ東大14名合格

■都立武蔵も東大10名超え、白鴎5名、都立一貫校の躍進続く

■栄東高校(埼玉)27名、県立千葉高校38名、相模原中等7名…躍進校は?

                                                                                              

2016年度の東京大学の合格発表が3月10日ありました。高校別の合格者数が発表になっています。速報値をお伝えします。

 

■日比谷高校、東大53名で44年ぶり50名超え

f:id:jyukenkenkyu:20160311043024j:plain

初の東大推薦入試で、医学部をはじめ2名の合格者を輩出し最大の話題となった都立日比谷高校(東京)は、前年の37名を大きく上回る53名の合格者を輩出しました。

 都立高校で1校からの東大合格者数が50名を超えるのは、1979年の戸山高校(55名合格)以来、37年ぶりの快挙です。日比谷高校の歴史で見ると、50名オーバーを達成したのは1972年の52名以来、44年ぶりの快挙となります。

今回の日比谷高校の東大の合格者数復活は、都立高校の歴史を大きく塗り替えるのみならず、「中高一貫校ではなくても東大入試で戦える」ことを知らしめ、全国の高校受験生や公立進学校に希望を与えることになります。

なお、日比谷高校は国立医学部医学科の合格者数でも、進学指導重点校指定以来最多の合格者数を出しており、「高校入試から東大・医学部を目指すなら日比谷へ」の流れはなお一層加速しそうです。高校入試関係者の間ではすでに、「来年の高校入試で日比谷は過去最高のハイレベルな争いになりそうだ」との声が聞かれています。

 

都立西高校、東大32名、京大15名、国立医学部21名の大躍進

日比谷と並ぶ都立トップ校である都立西高校(東京)も、公式サイトで大学受験結果の速報値を掲載。東大は前年の22名を大きく上回る32名の合格で躍進。さらに、特定の大学に縛られない、自由な校風の西高を象徴する京大の合格者数も15名と都内トップクラス。

今春は国立医学部医学科も多く、東大レベルの東京医科歯科大学千葉大学には複数の医学部合格者を輩出するなど、合計21名が合格しています。

日比谷高校の躍進ばかりが注目されがちですが、堅実に実績を伸ばしており、今春の高校入試でも、例えば男子は開成高校の合格辞退による西高の熱望入学者が多くいました。数年前は珍しかったかもしれませんが、今や学芸大附属高校や開成高校を第二志望とした西高入学者は当たり前となりつつあります。学力層が年々レベルアップしています。今春の入学者が大学受験を迎える3年後も期待できそうです。

 

小石川中等教育学校、都立一貫校初の2ケタ東大14名合格

都立中高一貫校のトップ校であり、全国の公立中高一貫校の中でも最難関の一つとされる、小石川中等教育学校(東京)が、前年の東大9名からさらに伸ばし、14名もの大量合格です。

ポイントは、1学年の生徒数が150名前後の少数精鋭集団である点。一般的な都立高校の規模で換算すると、30名が合格している計算になります。京大、東工大、一橋大、国立医学部などのその他難関国立大の実績も伸ばしており、学校全体で大学進学実績が伸びています。

小石川中等教育学校といえば、府立第五中学校を前身とする全国屈指の名門校。東大合格者数で全国1位を獲得したこともあるほどの名門です。都立高校ですが、伊藤長七という創立者が存在し、今日まで彼が打ち出した「立志・開拓・創作」の三校是と「科学の道」に代表される理化学教育の振興で知られるアカデミックな校風です。今春は東大にも推薦入試で合格者を出しました。さらに、数学オリンピックなどの国際的な舞台でも小石川生の名前をよく見かけます。21世紀型教育に力を入れている同校は、来年度の中学入試でも注目校となるでしょう。

 

■都立武蔵も東大10名超え、白鴎5名、都立一貫校の躍進続く

多摩地区の都立中高一貫校の最難関である都立武蔵高校も東大合格者が10名を超えたと情報が入りました。今後も小石川中と共に、都立中高一貫校のけん引役として実績を伸ばしていきそうです。

その他の都立中高一貫校は、白鴎高校が東大に現役5名オール合格、都立富士高校が2名合格、立川国際中等教育学校が3名、三鷹中等教育学校は東大推薦で合格者を出すなど、好調な実績が続いています。

 

■栄東高校(埼玉)27名、県立千葉高校32名、相模原中等7名…躍進校は?

その他の躍進校を見ていきましょう。埼玉の私学、栄東高校が、27名もの東大合格者数を出して大躍進。埼玉の浦和高校が22名ですから、埼玉で初めて、私立高校が東大合格者数1位になることが確実な情勢です。現時点で公立勢では、県立千葉高校が前年度大幅アップの32名が合格。中高一貫校化の成果が出てきました。2期生が卒業した神奈川の公立中高一貫校相模原中等教育学校もさらに東大合格者数を伸ばし、7名が合格しました。

千葉県の渋谷教育学園幕張高校が76名となりトップテン入り濃厚の躍進。神奈川は横浜翠嵐高校が東大20名、湘南高校が16名となっています。

 

以下が、現況の高校別東大合格者数の状況になります。

●:公立高校 〇:私立高校 ◎:国立大附属高校

 

 

開成高校 167
灘高校 94
麻布高校 93

渋谷教育学園幕張高校 76
聖光学院高校 71
東京学芸大学附属高校 57
桜蔭高校 57
駒場東邦高校 57
栄光学園高校 57
●日比谷高校 53
ラ・サール高校 44
豊島岡女子学園高校 40
〇久留米大敷設高校 38
〇早稲田高校 38

東大寺学園高校 37
西大和学園高校 33
都立西高校 33

●県立千葉高校 32

筑波大学附属高校 31

東海高校 31
海城高校 30
渋谷教育学園渋谷高校 29

甲陽学院高校 29
〇栄東高校 27
岡崎高校 26
武蔵高校 25

旭丘高校 23

浦和高校 22

岐阜高校 21

●都立国立高校 20
桐朋高校 20
広島学院高校 20

横浜翠嵐高校 20
攻玉社高校 19
土浦第一高校 18

〇芝高校 18

●宇都宮高校 17

新潟高校 17
〇愛光高校 17
〇白陵高校 16

湘南高校 16
開智高校 15
〇暁星高校 15
小石川中等教育学校 14
水戸第一高校 14

鶴丸高校 14
洛南高校 14
〇青雲高校 13
刈谷高校 13
一宮高校 13
○市川高校 13
巣鴨高校 12
○高田高校 12
浜松北高校 12

●大分上野が丘高校 11
城北高校 11
本郷高校 11
北嶺高校 11

●長野高校 10

●静岡高校 10

●盛岡第一高校 9

●山形東高校 9
逗子開成高校 9
●明和高校 9

●仙台二華高校 8
〇鴎友学園女子高校 8
高岡高校 8
●前橋高校 8

船橋高校 8

高岡高校 8

修猷館高校 8

筑紫丘高校 8
◎広島大附属福山高校 8
修道高校 7
サレジオ学院高校 7
宮崎西高校 7
○昭和薬科大附属高校 7
◎金沢大附属高校 7
●相模原中等教育学校 7
世田谷学園高校 7
●中央中等教育学校(群馬) 7
戸山高校 6
●福島高校 6
●横浜サイエンスフロンティア高校 5
◎広島大附属高校 5
●半田高校 5
桐蔭学園中等教育学校 5
桐蔭学園高校 5
堀川高校 5
白鴎高校 5
○吉祥女子高校 5
●並木中等教育学校 5
●長崎西高校 5
春日部高校 4
岡山白陵高校 4
弘学館高校 4
柏陽高校 4

●立川国際中等教育学校 4

新宿高校 4
須磨学園高校 4
公文国際学園高校 4
浦和明の星女子高校 4 (理三1)
●長崎東高校 4
○片山学園高校 4
八王子東高校 3
安積高校 3 (理三1)
○頌栄女子学院高校 3
○南山高校 3
お茶の水女子大附属高校 3
○成蹊高校 3(理三1)
○昌平高校 3
専修大学松戸高校 3
●都立青山高校 3

●桜修館高校 3

川和高校 3

●厚木高校 3
桐光学園高校 3

---2名合格
清真学園高校 
ノートルダム清心高校 (理三1)
西南学院高校 
洗足学園高校 
穎明館高校 
大宮開成高校
両国高校 
●太田高校
芝浦工業大学柏高校
広尾学園高校 
近畿大学附属和歌山高校
新潟明訓高校 
徳島文理高校 (理三1)
國學院大学久我山高校

---1名合格
○大阪明星学園高校
●磐城高校
淳心学院高校
洛北高校
●関高校(岐阜)
滝川高校
横浜共立学園高校
〇江戸川女子高校
〇湘南学園高校
●都立三田高校

小山台高校

町田高校

三田高校

●大泉高校

三鷹中等教育学校
〇共立女子高校
〇独協高校
学習院女子高校
〇麗澤高校
〇本庄東高校
彦根東高校
浜松西高校
◎大阪教育大附属高校平野校舎 
湘南白百合学園高校
○茗渓学園高校
○開智未来高校
○かえつ有明高校
学習院高等科
光塩女子学院高等科
○神奈川大附属高校
淑徳与野高校
昭和学院秀英高校
神戸海星女子学院高校
○岡山学芸館清秀