情報新報

お受験から最新家電まで、真の情報を提供するニュースメディア

神奈川県教育委員会は11月23日、10月に公立中学区生を対象に実施した中学3年生の進路希望調査結果を公表しました。今年の神奈川県内の公立中学校3年生の生徒数は、前年度より404人少ない6万9965人です。


県内の全日制公立高校の希望率は80.7%で、前年の81.3%から0.6%低下しました。県内外の私立高校希望率も10.3%から0.3%下がり10.0%にとなりました。全日制高校への進学希望率が低下する一方で、2017年度は通信制高校への進学希望率が上がっています。また、進路希望未決定率も上がりました。


神奈川では近年、公立進学校の復権が目覚ましく、横浜翠嵐高校を筆頭とするSSKH(翠嵐高・湘南高・川和高・柏陽高)が最難関校として大学合格実績を伸ばし続けています。ここでは、主な公立進学校の希望者数の推移から、2017年度の公立高校入試を予想したいと思います。


 


※過去9年間の希望者数推移を示しています。前年比で△は増加、▼は減少、=は10名未満の変動です。


 




 


■最難関SSKH4校


~横浜翠嵐高校が過去最高の大激戦入試へ 学芸大附属からも流入~


 


○横浜翠嵐高校 504→666→580→523→620→781→694→732→786 △


○湘南高校---- 534→506→571→418→854→735→773→781→681 ▼


○柏陽高校---- 485→523→424→296→451→521→514→556→578 △


○川和高校---- 641→682→689→474→771→723→804→708→625 ▼


 


神奈川を牽引するSSKHの最難関4校は、全県模試やWもぎで合格確実圏偏差値が70を超える最高峰です。今年は『週刊東洋経済』や『週刊ダイヤモンド』といった有名雑誌の特集記事で、相次いでSSKHが特集されました。学力トップ層は、ますますこの4校に集中してきており、大学合格実績で他校を突き放しつつあります。


今や神奈川の公立復権の象徴的存在となった横浜翠嵐高校から見ていきましょう。前年より50名以上希望者を増やし、786名は過去最多の希望者数です。2017年度入試は、史上最高の大激戦の入試となること間違いないでしょう。


大切なのは、人数だけでなく、受験者の層も上がってきているという点です。多くの進学塾関係者が口をそろえて、「学力トップ層が、学芸大附属高校や開成高校よりも横浜翠嵐高校を選ぶようになってきた。」と言います。今春の東大現役合格者数18名は、あの共学最難関に復権した都立日比谷高校に次ぐ全国公立2位の実績。横浜翠嵐高校のライバル校である東京学芸大学附属高校と比較しても、東大現役合格率はあまり変わらなくなってきました。


中高一貫校ではない高校単独校で、これだけの大学合格実績を出せる学校は、全国でもほとんどありません。現中3生は“最強世代”になることは確実で、東京学芸大学附属高校とは完全に地位が入れ替わることになるでしょう。


逆に湘南高校は、過去5年間で最も少ない希望者数となりました。横浜翠嵐高校と湘南高校は人気を二分しますから、横浜翠嵐に人気が集まる年は、湘南の人気が下がります。


飛躍的に大学合格実績を伸ばす川和高校は、柏陽高校と偏差値が並びました。急激な入試の難化が敬遠され、希望者数は減りましたが、志望者の学力はむしろ上がっています。大学合格実績も、将来的には柏陽高校を超えるようになるでしょう。校風の違いから、勉強も運動部も全力で頑張りたい文武両道型の生徒は、横浜翠嵐よりも川和を選ぶ傾向にあるようです。


柏陽高校も近年最多の希望者数となりました。理系に強い学校のイメージですが、最近は競合する横浜サイエンスフロンティア高校の陰にやや隠れ地味な存在になっていました。しかし、横浜サイエンスフロンティア高校が来年度より中高一貫校化するため、それを嫌がった理系志向の受験生が柏陽高校に戻ってきています。


 


■地域有力進学校 


 ~前年とは一転、希望者の減少相次ぐ上位進学校~


 ~多摩高は新校舎で希望者過去最多、横須賀高は近年最少で難易度低下か~


○神奈川総合高校- 318→324→334→540→367→442→432→417→393 ▼


○サイエンスフロンティア高校 437→409→333→354→444→447→498→408→365 ▼


○光陵高校------- 275→341→326→332→223→276→300→403→396 ▼


○横浜平沼高校--- 608→579→545→576→563→526→470→476→453 ▼


○希望ヶ丘高校--- 453→397→474→442→541→500→439→545→529 ▼


○横浜緑ヶ丘高校- 373→430→470→455→538→585→602→568→575 =


○多摩高校------- 382→488→400→257→424→440→532→525→607 △


○小田原高校----- 454→456→427→423→435→439→531→445→430 ▼


○茅ヶ崎北陵高校- 461→477→419→539→428→436→405→378→408 △


○鎌倉高校------- 486→455→418→435→620→518→501→661→630 ▼


○大和高校------- 471→414→410→470→490→494→478→559→534 ▼


○横須賀高校----- 391→376→385→375→381→392→405→407→353 ▼


○平塚江南高校--- 338→341→366→393→333→338→382→406→379 ▼


○相模原高校----- 362→355→347→412→413→389→443→477→421 ▼


○厚木高校----  403→495→465→471→497→585→513→507→530 △


 


昨年度は10月時点の希望調査で、光陵、希望ヶ丘、鎌倉、大和、横須賀、相模原の6校が近年最多の希望者を集めるなど上位校への希望者集中が顕著にみられました。今年度は、打って変わって上位校への希望者は減少。大部分の高校に減少を表す「▼」マークがつくことになりました。


横浜サイエンスフロンティア高校の希望者は前年より40人以上減り365人。5年ぶりの少なさとなりました。難関大学の合格実績が好調だった半面、中高一貫校化がかなり敬遠を受けた模様です。公立進学校の良さは、国私立高校のような中高一貫校ではないから、全員同じ条件で学校生活がスタートするところです。中学生と一緒の高校生活を快く思わない受験生が多かったのでしょう。数年前に中高一貫校化した市立南高校は、今年度も現段階で定員割れ。超不人気校化しています。横浜サイエンスフロンティア高校も、市立南高校ほど極端ではないにせよ、高校受験の人気がなくなっていく可能性があります。


減少が目立つ中で、多摩高校の希望者が大きく伸びています。前年よりも80名以上増やし607人。この数字は、近年で最多の希望者数となります。新校舎の効果は大きく、高倍率の激戦になりそうです。


ここに掲載されている学校以外での注目校は海老名高校です。地域2番手校ですが、398名の定員に対して1002名という尋常でない希望者が集まりました。全県模試によると、模試段階で第一志望記入者が前年よりも4割増加していたということなので、今年に関しては異常な人気といえるでしょう。前年は1.32倍でしたが、このままでは1.6倍を超える大激戦入試となること必至です。


他にも、市立戸塚高校、金沢高校、新城高校、市立橘高校、上溝高校、藤沢西高校が、倍率2倍以上となり人気を集めました。


一方で、鶴見高校、新羽高校、田奈高校、横浜旭陵高校、瀬谷西高校、横浜緑園高校、保土ケ谷高校、横浜桜陽高校、永谷高校、 金井高校、市立南高校、磯子高校、氷取沢高校、釜利谷高校、大師高校、生田東高校、菅高校、麻生高校、上鶴間高校、城山高校、 相模原青陵高校、津久井高校、大楠高校、逗葉高校、三浦臨海高校、茅ケ崎西浜高校、寒川高校、平塚湘風高校、 二宮高校、小田原東高校、大井高校、大和南高校、綾瀬西高校などは1倍未満で、10月時点では希望者が定員を埋めるほど集まっていません。


希望者が極端に少ない理由は様々で、 田奈高校や平塚湘風高校のような地域で最も偏差値の低い学校を敬遠したり、市立南高校のような中高一貫校を敬遠したり、相模原青陵高校のように将来統廃合で消えてしまう学校を敬遠するといった要因です。


あくまでも10月時点での希望調査結果ですから、今後も希望者数や倍率は大きく動きます。受験生は過度に数字を意識せず、志望校に向かって頑張りましょう。




www.pref.kanagawa.jp


 


 




私立高校が実施する「併願優遇制度」とは?


公立高校や都立高校が第一志望である受験生に対して、滑り止めに利用してもらうために私立高校がおこなっている一般入試の制度を併願優遇と呼びます。以下では、東京や神奈川で併願優遇を実施する私立高校の一般例を説明します。


 


併願優遇を実施する私立高校は、「5教科内申合計が20以上」といった内申基準を出します。この基準をクリアすれば、その私立高校の合格がほぼ保証されます。つまり、併願優遇においては、内申点だけで合否のすべてが決まります。使用される内申点は、中311月ごろに中学校から発表される数値(仮内申と呼ぶ)です。


 


この内申点基準をクリアして、中学校の先生との三者面談で「私立A高校の併願優遇制度を利用したい」と伝え、許可をもらいます。


 


1215日以降には、三者面談の決定事項を踏まえて、中学校の先生が、私立A高校に出向いて、併願優遇を利用する生徒のことを伝えに行きます。これを入試相談事前相談)と呼びます。私立高校側が了承をすれば、この時点で事実上の合格となります。


 


210日以降の私立高校の一般入試日に、併願優遇を利用する生徒は受験をします。ただし、入試相談の時点ですでに合格が確約されているので、不合格となることはありません。つまり、カタチだけの形式的な受験です。その後にある合格発表によって、正式な合格となります。


 


つまり、流れとしては


1.内申点の基準が達している


  


2.三者面談で併願優遇利用の旨を伝える (11月~)


  


3.中学校の先生による入試相談で事実上の合格 (1215日~)


  


4.2月の一般入試を経て正式に合格 (210日~)


というものになります。


 


併願優遇のメリット


・「行く高校がある」という安心感


12月段階で、進学可能な高校を1校確保することができます。「行く高校が確保されている」という安心感を得られることが最大のメリット。受験生は安心して、第一志望の公立高校や都立高校に向けた勉強に専念できます。


多くの公立中学校では、この併願優遇を用いて、高校を確保させることが重要な任務となっています。公立中学校の進路指導では、「進路未決定者」を1人も出さないことが最大使命だからです。「併願優遇で滑り止めの私立を1校確保してくれれば、ほかはどの高校を受験してもかまわない。」と言う先生も多いようです。


 


併願優遇のデメリット


便利な併願優遇ですが、デメリットが数多く存在します。


進学先に対する縛りの規定


併願優遇による受験において、「第一志望の公立高校に不合格であった場合は、必ず本校に入学しなければならない」という規定のある私立高校が多くあります。この場合、併願優遇で受験する私立高校以外の私立高校を併願受験することができません。もしも第一志望の難関公立高校が不合格で、進学先が併願優遇で確保した滑り止めの中堅私立高校となった場合、本人の実力からすると著しく不当な進学先と言わざるを得ません。


ほかに、もっとレベルの高い私立高校を併願で受けたい受験生は、「ほかの私立高校との併願を認めるか否か」の規定を確認してください。もちろん、他の私立高校との併願も認める併願優遇を実施する学校も多くあります。


 


私立高校の生徒層の問題


併願優遇を実施する私立高校は、入学者の大部分が公立不合格組で占められることになります。第一志望ではない生徒が大半のために、高校に対する愛着や愛校心が少ない傾向にあります。また、世間からはどうしても、「○○高校は公立の滑り止め校」というレッテルで見られます。公立の難関高校を目指していたのに、不合格で滑り止めの私立高校に進学した場合、レベルが低いために、自尊心が保てない生徒が多いのも事実として知っておくべきです。


 


非正規教員の比率の高さ


併願優遇を実施する私立高校の教育レベルは、必ずしも高いものではありません。これは、私立高校側はもちろん、学校や塾の先生もあまり積極的に教えてくれない情報です。


そもそも併願優遇を実施する私立高校は、公立不合格者を大量に集めて、授業料をがっつり集めて収入を増やすことを目的にする学校が多いです。それゆえに、生徒数が非常に多い学校が多く、しかも、学年によって生徒数の差が大きく異なってしまいます。このような私立高校は、生徒数やクラス数が読めないこともあって、非常勤講師の比率が高い傾向にあります。(非常勤講師とは、つまりはアルバイトのような先生です)


20121013日の朝日新聞にて、私立高校のアルバイト先生の比率が著しく増えているということが大々的に報じられました。なんと、私立高校の平均して約4割が非正規の教員だというのです。もちろん、これはあくまでも平均ですから、生徒数の不安定な私立高校であれば、もっと非正規教員の比率が高いことは想像に難くありません。(私立高校も、偏差値の非常に高い私立高校や有名大学附属高校は非正規教員比率は低いです)


都立高校は正規の教員の比率が私立高校と比べて非常に低いですから、教員は長期的な視野に立って指導ができます。また指導経験豊富な教員が多いです。非正規教員の多い私立高校では、先生の入れ替われが非常に多く、指導に専念ができません。(私立高校は教員の入れ替わりが少ないというのは幻想です。)さらに付け加えると、併願優遇を実施する私立高校は、もともと商業高校や工業高校であった学校が多く、正規教員といえども、実は大学受験指導の経験のほとんどない先生が多いという事情もあります。


このような情報は、私立高校の学校説明会へ参加しただけでは絶対に教えてくれません。私立高校は、受験生をできるだけたくさん集めて、収入を増やすことを目的としていますから、良い情報や、誇張された情報だけを提供します。私立高校の受験を視野に入れるときは、このような実態も知っておいた上で、冷静に判断したいものです。







 






国立大に過去最多の23名合格! 評価高まる文京高校


豊島区の文京高校の進学実績の躍進が止まらない。2016年度は、国公立大学に23名の大量合格。ついに、都立3番手校昇格の一つの基準である国公立大20名オーバーを実現した。国公立大合格者数は、10名→17名→23名と年々に増えている。10年前、文京高校からの現役の国公立大学合格者は、なんと0名であった。それが、信じられないような実績を出すにまで、進学校として伸びてきた。ここ数年の学校改革の成果が如実に実績に表われている。


国公立大学だけではない。早慶上智+MARCHの難関私大も、前年の72名から96名へと着実に増やしている。今春は、難関私大への現役の進学者も過去最多であった。


受験関係者からも「予想を上回る進学実績の躍進。入学時の偏差値と比べて実績が高く、入学後に学力が伸びている」と驚き、文京高校を称賛する。その原動力とは。


f:id:jyukenkenkyu:20150517031938j:plain


↑文京高校は、近年は塾関係からの評判が高い。「塾生を安心して入学させることができる進学校」と言われている。堅実でマジメな校風と、大学受験指導の熱心さから、遠方から通学する生徒もいる。


「国公立クラス」設置で、国公立大を本気で狙う進路指導


学費の安さから人気の高い国公立大学。しかし、都内から通学圏内の国公立大学はどこも難易度が高く、1年次からの幅広い勉強が必要不可欠。文京高校の学力層は入学時から「国公立大はムリだ」とあきらめている生徒も多かった。


しかし、文京高校は、この学力層を本気で3年間で育て、ストレートで国公立大学へ合格するためのノウハウを結集。特に国公立大への進学を希望する生徒に、特別クラスである「国公立大クラス」を設置した。国公立クラスは、他のクラスよりも高度な内容を扱い、授業進度も早い。


学校全体では、模試の分析会、出願校の検討会を実施し、一人ひとりのきめ細かなサポート体制を構築。平日や土曜日には受験対策のための特別講習を開講。予備校並みの量と質を誇る校内無料夏期講習会、自主学習マラソンの取組、夜7時近くまで開く自主学習室、サポートティーチャー制度では、文京高校卒の有名大学現役生のサポートを受けることもできる。


徹底した大学受験指導の強化から、国公立大クラスはもちろん、国公立大クラス以外からも、国公立大や難関私大合格者が当たり前に出るようになった。進学塾などから「面倒見の良い進学校」として評判は大きく上昇。高校入試偏差値も年々に上昇するスパイラルに突入し、勢いがついてきた。


 


マジメな生徒が多い校風に好感 文武両道で運動部も実績


文京高校の校訓は「至誠一貫」だ。何事にも誠の心を持ち、ひたすら実践せよという意味。この言葉が象徴するように、文京高校は良い意味でマジメで堅実な生徒が集まっている。髪を染めたり、バイトに明け暮れるような生徒はいない。昔ながらのちょっと硬派な進学校だ。


何でも自由、自由を志向する中学生にはちょっと向かないが、マジメに中学校生活を取り組んでいて、高校生活でも、勉強、部活、行事にすべてに全力で取り組みたいという生徒にマッチした学校。この校風が、近年大きく評価され、地域からの評判を勝ち得ている。


部活動は運動部を中心に実績良好。野球部、水泳部、陸上部、ソフトボール部、文化部では吹奏楽部などが活躍する強豪だ。


 


都立3番手校に仲間入りへ 国公立大30人オーバーは確実!


文京高校の大学進学実績の躍進は、まだまだ止まることはない。文京高校のVもぎ・Wもぎの偏差値は、ここ数年で上昇の一途をたどっており、入学者のレベルも年々上がっているからだ。


竹早高校、小松川高校、都立城東高校、北園高校、白鴎高校といった、いわゆる「都立3番手校」の難関校グループに、文京高校はついに仲間入りを果たした。2017年度入試以降、さらに難化していくのは必至だ。


国公立大の実績は、今後も上昇を続け、3年以内には30名を超えるレベルにまでなるだろう。早慶上智といった難関私大も今後一気に増えていきそうだ。


中学生の方やその保護者は、良い意味で、文京高校の現在の進学実績は参考にならない。入学者レベルの急上昇から、さらに高い実績になることは今後、確実だからだ。


 私立高校が中高一貫教育に傾倒しすぎて、高校入学者への教育力が低下して問題になっている昨今、文京高校のように、高校入学者しかいない進学校は貴重な存在になりつつある。


都立3番手校に躍進した文京高校の今後の躍進に、まだまだ目が離せない。






 




 


↑このページのトップヘ