情報新報

お受験から最新家電まで、真の情報を提供するニュースメディア

■起死回生なるか 桐蔭学園(神奈川)が来年度より共学化へ

神奈川県の桐蔭学園が、来年度より共学校化すると内部生に通達がありました。創立以来の貫いてきた男女別学の教育を転換することになります。保護者には「中学校・高等学校・中等教育学校の再編成について」のお知らせが配布されています。改革のポイントは➀男女共学校化 ➁中等教育学校への一本化 ➂3コース制への転換 の三つです。順に説明していきます。

kyogaku

■かつては東大100名も 大学合格実績低下が止まらぬ現実

「日本一の凋落校」と揶揄されるほど、桐蔭学園の大学合格実績の低下が顕著です。桐蔭学園にとって“栄光の時代”である90年代の中から1993年の難関大学合格実績を抜粋し、2017年と比較してみました。

東京大学   114名 →  2名
京都大学    16名 →  0名
東京工業大学 69名 →  3名
一橋大学    46名 →  5名
早稲田大学  344名 → 50名
慶應義塾大学 353名 → 37名

凋落した学校は数多くあれども、ここまで短期間に急速に凋落した学校は稀でしょう。2017年の1学年の卒業生数は894名。普通規模の公立高校の3倍のスケールですから、数字を3分の1するとリアルな桐蔭学園高校の今の実績が見えてきます。

  東大0名 京大0名 東京工業大1名 一橋大2名 早稲田大17名 慶應大12名

もはや復活著しい公立トップ校にはまったく及ばない寂しい数字です。マンモス校で面倒見が悪いというイメージも先行してしまい、公立2番手校、3番手校の滑り止めという地位にまで下がっていました。


■中等教育学校が孤軍奮闘・・・内進生と高入生の“完全隔離”へ

桐蔭学園にとっての唯一の希望の星が、2001年に開校した桐蔭学園中等教育学校の存在でした。中等教育学校は、新しく桐蔭学園の内部に新設された完全中高一貫校で、マンモス校のイメージを払拭した、1学年170名程度の少数精鋭学校です。法律上は従来の桐蔭学園とはまったく別の学校になります。2017年の大学合格実績を抜粋します。

  東大13名 京大0名 東京工業大3名 一橋大2名 早稲田大41名 慶應大35名

1学年の人数の少なさを考慮すると、なかなか健闘していることがわかります。従来型の桐蔭学園の凋落が止まらい状況のなか、少数精鋭の中等教育学校をエリート教育部門として切り離し、優秀な中学受験生を呼び込む方法は一定の成果を上げていました。

中等教育学校としての実績を出すために、桐蔭学園はグレーな手段も行使します。それは、従来型の中学校の優秀者や、高校入試で成績の優秀だった外進生を、中等教育学校に大量編入するという方法です。

これは、完全中高一貫校を理念とする中等教育学校の法的性格からは完全に逸脱しており、かなり問題のあるやり方であると言わざるを得ません。良くも悪くも、なりふり構わぬやり方で、凋落する桐蔭学園の中で孤軍奮闘の状態でした。

さて、今回の改革では、2019年度の新入生より、中学校が中等教育学校に吸収併合される形となり、中等教育学校に一本化されます。近年の中学受験生は、高校からの入学生と混じる学校を敬遠する動きがあります。ましてや、桐蔭学園のように高校から500名を超える外進生が入ってくる学校であればなおさら敬遠されます。

中等教育学校への一本化によって、内進生と高入生は完全に隔離されることになります。別学校扱いなので、部活動も別々の活動になります。内進生と高入生が完全に分離するという状態です。完全中高一貫校化を望んでいた中学受験生からは、共学校化も含めて一定の評価を受けそうです。


■従来の高校は3コース制に 中等一本化で地盤沈下の恐れも

中等教育学校の一本化より一足早い2018年度より高等学校でも改革が行われます。男女共学化と共に、現在の理数科・理数コース、普通科・普通コースを廃止。プログレスコース、アドバンストコース、スタンダードコースの3コース制に改編されます。

近年の中堅私立高校がやりがちな多様なコース設定によって幅広く受験生を集めようという戦略です。ただし、あまりにも陳腐な名称のコースであり、目新しさはありません。共学校化やコース設定は、すでにほとんどの中堅私立高校が実施していることで、この改革によって優秀な受験生が集まるかどうかは未知数です。

今後は、中学受験組の内進生が従来の高校に進学するというルートが絶たれますから、悪い見方をすれば、中等教育学校への一極集中が加速し、従来の高校がさらに地盤沈下する恐れがあるといえます。

ただ一方で、内進生と高入生の完全隔離によって、全員一斉スタートの学校生活を望む傾向の強い高校受験生の人気を集める可能性もあります。巨大な高校単独校が生まれることになります。今後の動向が注目されます。





■2017年の東大合格者数が発表に! 躍進校&凋落校は!?


2017年3月10日、東京大学の一般入試の合格発表がありました。今年は、首位の開成高校が170名から減らして159名、麻布高校が94名から78名など、都内男子進学校の減少が目立ちました。一方で、共学校の躍進は目覚ましく、渋谷教育学園幕張高校が76名から78名で創立以来最多を更新。横浜翠嵐高校は20名から35名に増やし、神奈川の公立復権を印象付けました。

昨年不振だった県立浦和高校は22名から33名に増やし復活をアピール。ふたたび貫禄の埼玉県首位に復帰しました。以下、主要校の増減で目立った学校を見ていきましょう。

 

■日比谷高校、“オール高校受験組”で現役33名の衝撃


昨年、53名(現役27名)を輩出した都立日比谷高校(東京都)は、速報値で現役合格者数をさらに伸ばし33名を記録し、躍進が継続しています。

都立高校が1校だけで東京大学に現役で30名を超す合格者を出すのは、1973年の都立西高校以来、44年ぶりの快挙です。東大合格ランキングの上位が中高一貫校の独壇場となっている中で、全員が高校入試からの生徒で構成される日比谷高校が、現役で東大に合格するということは、全国の公立進学校の生徒たちにも勇気を与える結果となりそうです。

今春の高校入試は、開成高校を合格辞退して都立日比谷高校へ進学する生徒が過去最多を更新。さらに、東京学芸大学の附属3中学校(世田谷中、竹早中、小金井中)からの日比谷高校進学者も増えました。今や都内高校入試の最高峰の一つとして数えられる日比谷高校。来年度には待望の自校作成問題が復活して、完全独自の入試問題を採用することが可能になります。

2020年には新大学入試が控えていますが、日比谷高校は、新入試の試金石となる東大推薦入試にも2年連続で合格者を輩出。アメリカでのハーバード大学やマサチューセッツ工科大学への交流事業といったグローバル人材の育成にすでに目を向けていて、その対応は万全でしょう。「3年以内に東大70名オーバーは確実」と言われており、国内最強の共学進学校として、ますます存在感を高めそうです。


■東京学芸大学附属高校、47年ぶり50名割れのショック


盗撮騒動にいじめ問題が週刊誌やテレビ番組で大々的に報道され、散々な1年間であった東京学芸大学附属高校(東京都)は、東京大学合格者数も振るわない結果に。前年の57名を大きく下回り、43名の合格にとどまりました。

東京学芸大学附属高校は、都立高校が学校群制度を導入した1967年以降、その代替として急速に進学校化した学校です。全盛期には東大合格者が100名を超え、国内屈指の進学校にまで成長しました。

ところが、都立高校をはじめとする全国の公立高校の復権が進むと、優秀な生徒が東京学芸大学附属高校を敬遠するようになりました。東京学芸大学附属高校は国立大附属として教育実習生の実習校や研究校としての使命があり、カリキュラムの進度の極端な遅さも指摘されていました。80名、70名、50名と転落していき、ついに40名台に落ちました。東京学芸大学附属高校の東大合格者数が50名を切るのは、1970年の38名以来、47年ぶりになります。

■横浜翠嵐高校が歴史的躍進! 学芸大附属は辞退者続出


東京学芸大学附属高校が衰退していく中で、対照的な結果となったのが、県立横浜翠嵐高校(神奈川県)です。10年前、わずか4名だった東大合格者数は、学区撤廃や面倒見の良い進学校を目指した学校改革を経て急激に増加。2017年は、ついに35名にまで到達しました。神奈川の公立高校から東大に30名以上合格するのは、1992年の湘南高校(33名)以来、25年ぶりの快挙です。

神奈川県ではかつて、公立高校の低迷ぶりから、優秀な生徒が東京学芸大学附属高校へ大量流出していました。しかし、横浜翠嵐高校の復活によって流れが変わってきました。「学芸大附属よりも横浜翠嵐へ」という風潮が年々強いものになってきたのです。

昨年は、東京学芸大学附属高校がいじめ騒動で“自滅”し、今春の中3生は、東京学芸大学附属高校を辞退して横浜翠嵐高校へ進学する生徒が過去最多となりました。横浜翠嵐高校の新高1生は、過去最高の学力世代になることは確実です。3年後の東大合格者数は、「翠嵐45名、学芸大附属35名」くらいの差が生まれるでしょう。


■桐朋高校の落日-かつて東大60名合格も、今や現役合格1名だけ


「かつての難関進学校は、今や中堅校に―」90年代、東大に60名を合格させていた桐朋高校(東京)の面影は完全に消え失せてしまいました。今春の東大合格者数はたった8名。1桁台への転落は、東京オリンピックが開催された1964年以来、53年ぶりのこと。しかも、8名のうち現役合格者数がたった1名だけ。中堅校へと転落してしまいました。

2001年に早稲田実業が国分寺市に移転。2009年には在学生がいじめを苦に自殺し、大きな波紋を広げました。さらに、2000年代になると、都立高校の復権が進み、お隣のライバル校、都立国立高校のほうが大学合格実績で上回る実績を出すようになってきました。昨年度より中学入試で複数日の受験機会を設けるなど、小手先の制度改革を進めましたがもう手遅れ。東大合格者が0名にまで減ってもおかしくない状況に追い込まれています。

桐朋高校は、かつての桐蔭学園の凋落と同じように、日本で最も凋落してしまった高校のレッテルが貼られてしまいました。ボロボロになってしまった学校の立て直しは容易ではありません。ただ、桐朋在学生の保護者は「東大合格者数なんて気にしない。浪人しても問題なし、それが桐朋。」という態度を見せる人が多いのも事実。今後、桐朋高校は進学校の地位は脱落して、独自のポジションでやっていくのかもしれません。

 

■東大合格者数ランキングの一覧【速報値】


159人 開成
94人 灘
78人 麻布、渋谷幕張
62人 栄光学園
48人 海城
43人 都立日比谷、東京学芸大学附属
40人 ラサール
35人 西大和学園、横浜翠嵐
34人 筑波大学附属
32人 浅野
31人 武蔵(私立)
25人 都立西、渋谷渋谷
22人 愛光
21人 豊島岡女子、洛南
20人 土浦第一
19人 広島大附属福山
18人 県立千葉
17人 市川、都立国立、浜松北
16人 城北
15人 水戸第一
14人 桐蔭学園中等、四日市、堀川
13人 小石川中等
12人 札幌南、巣鴨
11人 大宮、白陵、宮崎西
10人 北嶺、前橋、都立戸山、本郷





9人 暁星、吉田(山梨)、青雲
8人 鴎友学園女子、世田谷学園、桐朋、逗子開成
7人 八戸、秋田、並木中等、船橋、サレジオ学院、一宮、刈谷、高田
6人 青山、國學院久我山、頌栄女子、武蔵(都立)、相模原中等、
海陽中等、広大附属、長崎西











5人 仙台第二、白百合学園、広尾学園、公文国際
4人 東邦大東邦、東京農大第一、桐光学園、修道、広島(県立)
3人 福島、開智、吉祥女子、高輪、富士見、湘南白百合、横浜雙葉
長岡、半田、岡山白陵
2人 安積、茗溪学園、昌平、昭和学院秀英、桜修館中等、晃華学園、
八王子東、南山、奈良学園登美ヶ丘、近大附属和歌山、慶進、丸亀
1人 太田、中央中等、芝浦工大柏、浦和明の星、開智未来、川越東、本庄東
共栄学園、共立女子、国分寺、品川女子学院、女子聖学院、成立学園
青稜、東京電機大、獨協、普連土学園、明大明治、山脇学園
日本女子大附属、横浜サイエンス、横浜女学院、片山学園
京都教育大附属、明星、淳心学院、雲雀丘学園、AICJ
ノートルダム清心、済美平成中等、弘学館






 



■3種類のタイプで、一人暮らし用の最強炊飯器はどれか!?


一人暮らしを始める際に欠かせないのが炊飯器。レトルトパックのご飯を購入するよりもはるかに経済的。毎日ご飯を炊くのが面倒だという人は、数日分のご飯を炊飯器で一気に炊いて冷凍保存すれば保存もできます。一人暮らしをする際の必須の電化製品と言ってもいいでしょう。

一人暮らし用の炊飯器は、誰にでも手軽に失敗なく炊ける電気式炊飯器が主流ですが、実は3つの種類があることをご存知でしょうか。簡単な長所と短所を紹介します。

①マイコン炊飯器

ヒーターで釜の底部分のみを発熱する方式。長所は価格が安いこと。欠点は、熱が弱いので炊き上がりの質がイマイチ。

味:★★☆☆☆  価格:★★★★★

②IH炊飯器

釜全体を電磁力で発熱させて熱を釜全体にむらなく伝える方式。長所は、炊き上がりの質が良くて美味しいこと。大きな欠い。

味:★★★★☆  価格:★★★★☆

③圧力IH炊飯器

内釜に圧力をかけることで、最高レベルで熱を全体に伝える方式。長所は、一流の料理屋並みのご飯を炊けること。欠点は、一人暮らし用としては向かないほど価格が高いこと。

味:★★★★★  価格:★★☆☆☆

 

一人暮らし用炊飯器で断トツでおすすめするのは、②IH炊飯器のタイプです。「毎日おいしいご飯を食べたい!」という味にこだわる人を納得させる質の良い仕上がり、「あまり電化製品にお金をかけたくない!」という価格重視派も納得のコストパフォーマンス。このバランスが最も良い価格帯であると言えます。

今回は、大手家電批評雑誌、日経新聞の家電批評記事、当サイトの家電比較担当記者の感想の三つを融合させて、2017年版の最新ランキングを作成しました。一人暮らし用の炊飯器を求めている方々は、この中から購入していただければ、まず後悔することはないはずです。

 

■1位【ベストバイ】象印 IH炊飯器極め炊き NP-GF05XJ


~おいしいご飯を食べる機能充実!コストパフォーマンスは間違いなくNo.1~

象印 IH炊飯器 極め炊き 3合 NP-GF05XJ



象印(ZOJIRUSHI)
売り上げランキング: 1





Amazonの売り上げランキングで長らく1位を保持し続けている象印の「NP-GF05XJ」が堂々の首位ランクイン。売り上げランキングのトップが必ずしもベストバイとは限りませんが、今回の調査では、間違いなく2017年度の一人暮らし用の炊飯器のベストバイです。

この炊飯器は、先ほど紹介した②のIH炊飯器のタイプです。一人暮らしに最適な3合サイズ。家族用の大きな炊飯器に慣れていると、「小さいっ!」と思わず感想を漏らしたくなるほど。スペースの限られた一人暮らし用には、このサイズはとてもありがたい!

こんなにコンパクトなのに、おいしいご飯を炊くための様々な豊富な機能があります。例えば、「熟成炊き」は、炒飯時間を延長することで、ご飯の甘味成分をアップさせられるというもの。実際に食べ比べてみると、確かに、「熟成炊き」のほうが、お米の芯にまで水分が浸透して柔らかく、甘みも増した気がします。時間の余裕があるときは、この機能を使って、ご飯のうまみを最大限に引き立てることができます。

通常の炊飯モードは「エコ炊飯」が標準となっていて、通常の炊飯器を使った際よりも消費電力量を1割以上削減できます。なるべくお金を節約したいという一人暮らしの方々には、電気代の節約にもなるわけです。

一人暮らしに多い無洗米の愛用者のための「無洗米メニュー」も搭載して手間が掛かりません。健康重視派の人のための玄米、雑穀米、おかゆ機能も。さらに、なんと、手作りパンを作ることができる「パン発酵&焼き」メニューまで!さすがに一人暮らしの炊飯器でパンを焼く人は少数派でしょうが、こんなに小さくて価格も安いのに、とにかく多機能、高機能です。

炊飯器選びの際に意外と見落としがちな掃除の手軽さと保湿機能もグッド。洗浄は、簡単にはずせる内ぶたを水洗いして、炊飯器内もサッとひと拭きするだけで、こべりついたご飯粒が簡単に取れます。保湿機能の良さは、さすが天下の象印といった印象で、高級炊飯器に勝るとも劣りません。

3万円台だった価格も1万円台にまで下がり、コストパフォーマンスは間違いなく最高レベル。本当に小さな炊飯器なので、一人暮らし用に特化した製品ですが、ニーズに合えば最強の炊飯器。文句なしの2017年炊飯器のベストバイです。またこの機種の新しいモデルを希望する方は「象印 IH炊飯器3合NP-GG05-XT」も検討してみて下さい。

 

■2位:タイガー マイコン炊飯器3合ホワイト炊きたてミニ炊飯ジャー


~1万円を切る激安炊飯器の中では最もおいしい!価格重視派におすすめ~

2位にランクインしたのは、タイガーの「マイコン炊飯器3合ホワイト炊きたてミニ炊飯ジャー JAI―R551―W」です。この製品は、炊飯器3種類のうちの①マイコン炊飯器になります。

最大の魅力は何といっても価格の安さ。1万円を切る炊飯器のご飯をいくつか試食しましたが、はっきり言ってまずい。そんな中で、このタイガーの炊飯器が、唯一といっていいほど、激安炊飯器の中では「おっ、やるじゃん。」と思える味でした。

中国製の安い作りながら、黒遠赤釜を使用していて、炊きムラを極力抑えるつくりになっています。そのせいか、激安炊飯器にありがちな「やわらかいご飯とかたいご飯が混じっている」ということが、試した中ではありませんでした。ほかの購入者のレビューでも見られません。

激安炊飯器とはいっても、消費電力を抑える「エコ炊き」や、「玄米」「無洗米」「おこわ」「おかゆ」といった機能は充実していますから、一人暮らしにあたっての最低限必要な機能はすべてそろっています。(さすがに、1位製品のようにパン発酵機能はありませんが(笑))

欠点を挙げれば、電源につなぐコードがマグネット式なので、本体を少し動かすだけで外れてしまい注意が必要だと感じた点。タイマーの内臓電池は4-5年が寿命で取り換え不可な点。

そして、肝心の味ですが、「ご飯にこだわりがある!」という人は、やっぱり1位製品のような1万円以上する炊飯器を買ってください。というのも、価格が安い分、アルミ製の釜が非常に薄いです。良く言えば、とっても軽くて持ち運びが楽なのですが、どうしても、多少のむらはできてしまいます。対策としては、十分にお米を水に浸しておくこと(理想は2時間)をすれば、むらは最小限になります。

味に強いこだわりがなく、「とにかく安い炊飯器が欲しい!」という価格重視派の人にとっては、この炊飯器がベストバイ。ぜひ検討を!

 

 

■3位:タイガー  マイコン炊飯器3合シンプルホワイトレシピ付きtacook炊きたて炊飯ジャー JAJ―A552―WS


~ご飯とおかずを同時に作る!? 唯一無二のアイデア炊飯器~

3位には、ちょっと変わった炊飯器がランクイン。最大の特長はご飯を炊くと同時におかずも1品作れる点。おかずは肉や魚などの40種類以上のメニューがあり、炊飯釜とは別のプレートで作るので、ご飯におかずの味が移ってしまう心配はありません。

「おかずプレートにレトルト食品をそのまま入れて同時調理している」という声や、「時間をかけて冷凍ハンバーグを過熱するので芯までアツアツで美味しい」といった声が聞かれました。上手におかず機能を利用すれば、料理が楽しくなりそうです。ただし、個性的な機能ゆえに、この機能を使わなかったら、単なるどこにでもある炊飯器。なかには「面倒で結局おかず機能は使わず炊飯機能だけ……」なんて声も。

注意点として、炊飯とおかずの同時調理の時のみ、炊飯は1合までで白米メニュー限定となります。同時調理でなければ炊飯は3合まで可能です。また、この炊飯器は無洗米、おかゆ、玄米、おこわには対応していません。炊飯機能は本当にシンプルです。

おかず機能を魅力に感じるなら選択肢の一つに考えてもいいでしょう。おかず機能に魅力を感じなければ、カラフルなデザインを除けばあまり特筆すべき点はありませんから、候補に入れる必要はないでしょう。一部のニーズ向けの一人暮らし用炊飯器です。

 

■4位:アイリスオーヤマ 炊飯器 IH 3合 銘柄量り炊き 米屋の旨み RC-IA30


~IH調理器として利用可能な点と水量自動計量が斬新! だが保温機能に致命的な欠点あり~

アイリスオーヤマ 炊飯器 IH 3合 銘柄量り炊き 米屋の旨み RC-IA30-B




第一にこの炊飯器は、台座部分と切り離しが可能で、IH調理器として利用が可能です。わざわざIH調理器を購入しなくても、この1台で両方を兼ねてしまうという優れもの。さらに、水量自動計量機能がすごく便利。炊飯の時の水の量をセンサーが自動で計量してくれるので、面倒な水量の調整から解放されます。この他の炊飯器にはない2つの機能は斬新で、評価する声が多く挙がりました。

しかし、あまりにも致命的な欠点が……。それは保温機能の悪さ。「炊いたご飯が5-6時間で硬くなってしまう!」との声が多数寄せられました。保温機能も12時間で切れてしまうので、ある程度長い時間、保温機能を使用するという人からはマイナス面を指摘する声が続出しています。他メーカーにはない機能面は素晴らしいだけに、このデメリットが残念すぎます。

価格も安いとはいえず、コストパフォーマンス的には微妙でしょう。保温機能をあまり使わないのでしたら購入の検討もあり。保温機能を多用する人は、この炊飯器を選んではいけません。

↑このページのトップヘ