情報新報

お受験から最新家電まで、真の情報を提供するニュースメディア

★拓大一高(拓殖大学第一高校)の併願優遇の上手な利用法


【質問】都立高校が第一志望です。併願優遇で武蔵村山市にある拓大一高(拓殖大学第一高校)を併願校として検討しています。ほかにおすすめの私立高校があればぜひ教えてください。また都立高校が第一志望の併願優遇の上手な利用方法、注意点等があれば教えていただきたいです。


【回答】都立中堅~中堅上位校の併願なら拓大一高が適切


拓大一高は、多摩地区の都立中堅校~中堅上位校の定番の併願先です。具体的に言えば、小平高校、東大和南高校、小平南高校、清瀬高校、昭和高校、都立翔陽高校、神代高校、南平高校。これらの都立高校が第一志望の場合、第二志望に拓大一高を受験するのが最もオーソドックスで適切な受験パターンとなります。


もしもあなたが、調布北高校、小金井北高校、武蔵野北高校、多摩科学技術高校、日野台高校といった都立3番手校の進学校を第一志望としているのなら、不合格での拓大一高は、実力からすると残念な進学パターンと言わざるを得ません。


ましてや、立川高校、国分寺高校、都立武蔵高校、八王子東高校といった都立2番手校の難関校が第一志望なら、拓大一高はランクが低すぎます。


 


■都立2番手校~3番手校志望なら受験作戦をもう一度考えよう


 前述の通り、都立2番手校や都立3番手校が第一志望なら、拓大一高が第二志望というのは低すぎる選択です。しかし実際には様々な事情があると思います。「偏差値は高いが、内申点がそこまで高くないので、併願優遇は拓大一高が精一杯」という受験生も多いはず。そんな受験生におすすめしたいのが、私立の一般受験都立安全校受験です。


 


選択肢その1: 私立高校の一般入試の活用


私立の一般受験とは、拓大一高を滑り止めとしたうえで、内申点に関係ない私立高校の一般入試を受けて、拓大一高よりも上位の私立高校を確保しようという選択です。


都立2番手校志望者なら、桐朋高校、国学院久我山高校、成蹊高校といった私立進学校や、中央大学附属高校、明大中野八王子高校、法政高校といったMARCH大学附属校が選択肢に入ります。


都立3番手校志望者なら、帝京大学高校、日大三高、桜美林高校、錦城高校などの一般受験が考えられます。


メリットは拓大一高よりもずっとランクが上の私立高校を確保できることです。デメリットは、併願の私立対策の勉強をする負担、学校によっては入学金の振込みを都立合格日前までにしなければならない金銭的負担があります。


参考記事:「立川高校・国分寺高校の私立高校併願校は?


 


選択肢その2: 都立高校の安全校を受ける


次に紹介する最も現実的な選択肢が、都立高校の安全校を受けるという選択です。受験生の皆さんは、Vもぎ・Wもぎの模試を受けていると思います。昨今の都立人気の中で、判定がB判定以下だとかなりの不合格者が出ています。チャレンジはせずに、模試の判定がA判定以上の高校を受けることを強くおすすめします。


もちろん高校入試でB判定以下の都立高校に果敢にチャレンジする選択もありますが、落ちた時のリスクが大きすぎます。ほとんどの私立高校は中高一貫教育に重点を置いている現状、高校入試からの入学組は、ノウハウを持つ都立高校から大学受験したほうが良い結果になるでしょう。


1ランク落として、高校入試では確実に合格できる都立高校に進学。入学後は上位成績を維持して、大学受験では果敢にチャレンジする攻めの姿勢を見せればいいのです。真の勝負は大学受験。下手に都立高校入試で攻めて失敗する必要はありません。


 


■拓大一高の評判と注意点


 最後に、拓大一高の学校自体の評判や評価について考えてみます。冒頭で言った通り、小平高校や昭和高校といった都立中堅校~中堅上位校が第一志望ならば、抑えの私立高校として選択肢に入れるべきおすすめの高校です。


拓大一高の最大の良さは、都内私立高校では絶滅危惧種となった高校単独校(=中高一貫校ではない)であることでしょう。昨今、私立高校は露骨なまでの中高一貫校の内進生重視で、高校入学組が肩身の狭い思いをしていると聞きます。有名大学合格実績もほとんどが中高一貫生の稼ぎで、高校入学組のそれは同レベルの都立高校と比べてかなり劣っています。受験生や保護者もそれを知っているので、最近は「中高一貫校ではない高校を選びたい」という要望が強まっています。拓大一高はまさにそれに合致しています。


拓殖大学という私立大学の付属校であり、内部進学で大学へ進学できることは、メリットでもありデメリットでもあります。拓殖大という伝統ある大学を熱心に志望している中学生なら、わざわざ進学校へ行くよりも、付属校の拓大一高を経由したほうが“楽な進路”です。ただ安易にそちらへ流される危険性も。もっとも、最近は拓殖大へ進学する生徒は少数派となっています。


騙されてはいけないのが特進クラス。特進クラスの存在自体を否定するつもりはありませんが、もしも学校が都立進学校と比較して「本校の特進クラスのほうが国公立大や難関私大の進学率が高い」と説明していたら、とんでもない話で信じてはいけません。


特進クラスというのは、学校の学力トップ層を集めたクラスです。1学年の14クラス中、学力トップ層を集めた特進クラスだけで合格率を出したら、高いのは当たり前です。こんな、木を見て森を見ずのデータには騙されないでください。




■名門都立高のお膝元に“名門公立中学校”あり!


  都立高校が難関大学進学実績を大きく伸ばし、東大合格者の総数は低迷期から2倍以上にまで増加しています。それに伴って脚光を浴びているのが、名門都立高校に多数の合格者を輩出している“名門公立中学校”の存在です。


 例えば、23区内では、千代田区立麹町中学校文京区立第六中学校江戸川区立清新第一中学校が日比谷高校への合格者数の多さから“区立中学御三家”と呼ばれるようになりました。


 今回注目したのは、日比谷高校、都立国立高校と共に都立トップ校の一角である杉並区の都立西高校。全都から最優秀な生徒が集まり、2013年の東大合格数は34名にのぼります。都立西高校の出身中学一覧を見ると、お膝元の杉並区の強さが光ります。




■杉並区立高井戸中学校、宮前中学校が突出した強さ


  杉並区の中でも特に優秀なのが杉並区立高井戸中学校。毎年7~8名程度の都立西高進学者を出し、そのほか日比谷高、国立高、戸山高、大泉高、都立富士高などの難関都立高校にも多数の合格者を輩出する名門中の名門。評判は極めて良く、地域から絶大な信頼を得ています。東京都内の公立中学校で唯一のゴルフ部が存在することでも知られています。


 


 次いで杉並区立宮前中学校の突出ぶりも光ります。都立西高校から300mというまさにお膝元の中学校ですから、自然と西高を目指す空気が生まれ、優秀な進学実績につながっているようです。西高だけで毎年6~7名が進学。そのほかの難関都立高校への進学も好調です。


 高井戸中学校と宮前中学校の西高合格者数の高さが突出しますが、それ以外にも、杉並区立天沼中学校杉並区立和田中学校杉並区立井荻中学校杉並区立西宮中学校杉並区立神明中学校が都立トップ校の合格ランキングのベスト20にランクインしています。杉並区は、東京都内で最も都立トップ校に合格者を輩出している地域といえるでしょう。


 内申点が気になる人もいるでしょうが、東京都内の公立中学校の成績分布の資料を見ると、杉並区の公立中学校の成績は他地域より高めに分布しています。昔の相対評価とは違って、今は成績の割合が決まっていませんから、杉並区のような高学力層が集まる中学校が成績で不利になることはほぼなくなったことを表しています。


 なお都立高校の現在の一般入試制度では、進学校はあまり内申点が重視されず、当日の筆記試験重視になっています。一部では「西高のようなトップ校だとオール5が当たり前」という誤解があるようですが、まったくそんなことはありません。オール4程度での合格者も多数いますし、逆にオール5での不合格もいます。内申点よりも入試の得点力が大切です。さらに、特別選考枠といって一般入試の1割は内申を見ないで選考するので、不登校オール1の西高合格者もいます。保護者世代の都立入試の常識からすると、現在の都立入試はかなり改善されていることを知っておきましょう。


★多摩地区の都立2番手校が第一志望 私立高校の併願校は?


【質問】立川高校や国分寺高校といった都立2番手校を志望しています。私立高校の併願校をまだ決めきれていません。併願優遇で抑える滑り止めの私立高校、オープン入試で受ける私立高校の具体的な学校名を教えていただきたいです。


【回答】併願優遇は不本意進学の可能性大! MARCH付属の併願おすすめ


立川高校と国分寺高校第一志望者が受ける主な併願優遇校を紹介します。


○明治学院東村山高校[偏差値58 内申9科36~38]


○錦城高校     [偏差値58 内申5科22]


△桜美林高校    [偏差値56 内申5科22]


×拓殖大学第一高校 [偏差値55 内申3科13かつ5科22]


×八王子高校    [偏差値54 内申5科19または9科33]


 ※◎相応校 ○妥協ライン △不相応 ×かなり不相応


左の記号は、立川高校や国分寺高校志望という学力レベルを考えた時、その私立高校は学力相応か不相応かを表す基準です。併願優遇をおこなう学校は中堅校なので、どうしてもレベルが不相応な学校が多くなってしまいます。例えば、立川高校に惜しくも不合格で併願優遇で確保した拓大一高へ進学となると、かなりランクが落ちてしまいます。(もちろん、偏差値や進学実績だけで決めるわけではありませんが…)


となるとやはり、オープン入試を実施している私立高校を第二志望で受けることが一般的になってきます。以下が主な一般入試の受験校です。


 


・桐朋高校 [男子高]


・帝京大学高校 


・国学院久我山高校


・成蹊高校


・中央大学附属高校


・中央大学杉並高校


・明治大学附属明治高校


・明治大学付属中野八王子高校


・法政大学高校


おすすめはMARCHの付属高校で、中大附属や明大明治などは多くの生徒が第二志望として一般入試を受験しています。


 立川高校や国分寺高校に合格する学力があれば、大学入試では国立大学や早稲田大、慶応義塾大、上智大の難関私立大を目指すことができるでしょう。進学実績もそれを証明しています。


しかし、立川高校や国分寺高校合格に学力が達しなかった場合、大学入試での現実的な志望校がMARCHになる可能性が大でしょう。滑り止めの進学校系の私立高校へ進学して、3年間高い学費を払って、予備校にも通って(※私立高校は予備校いらずというのは幻想です。詳しくはこちら参照)、MARCHを目指すくらいなら、はじめからMARCHの付属校に進学するほうが得策です。これらの視点から、以下の受験パターンは非常に妥当性があり、人気があります。


 


第一志望 国分寺高校or立川高校 


 [早慶大や難関国立大を目指す!]


第二志望 MARCH附属校 


 [滑り止め私立に通うより妥当な進路]


第三志望 併願優遇の滑り止め私立高校


 [万が一のための抑え。進学はしたくない]


 




【回答】模試の様子みて危険なら都立3番手校に志願変更を


 第二志望以下の私立高校を決定するのと同じくらい大切なのが、都立高校の第二志望を設定することです。年明けの1月以降に受けるVもぎ、Wもぎで、合格判定が厳しい場合は、都立の受験先を1ランク下げることを真剣に検討しなければなりません。あらかじめ余裕を持って、国分寺高校・立川高校から下げるときの都立志望校も決めておきましょう。


もちろん、判定が厳しくても、一か八かで特攻するという選択肢もあります。しかし、Vもぎ・Wもぎは判定の精度がかなり高く、大学入試と比べても「奇跡の逆転」などは起こりにくい入試です。


国分寺高校や立川高校が厳しい判定で、そのまま特攻して不合格になる受験生は、多くが自分の学力と離れた中堅~下位私立高校に進学します。この私立高校と比べると、都立3番手校である、武蔵野北高校、小金井北高校、調布北高校、多摩科学技術高校、日野台高校といった学校のほうが進学実績、偏差値、学校満足度全般も上回ります。これらの高校は中高一貫校ではないので、全員が高校からの入学で安心で楽しい学校生活が送れます。国公立大や早慶上智も上位にいれば十分狙えます。進学実績が上昇していて勢いもあり、魅力ある選択です。


 


・武蔵野北高校  


・調布北高校


・小金井北高校


・多摩科学技術高校


・日野台高校


・町田高校


・大泉高校


・富士高校


 


この中でも、多摩科学技術高校は一番注目されている成長株の学校です。国分寺高校や立川高校のような都立2番手校レベルの受験生も増えていて、今後進学実績が最も伸びると予想されている理系の難関大学進学に特化した進学校です。詳細は「多摩科学技術高校 偏差値60台層が主流に」の記事をご覧ください。


 


↑このページのトップヘ