情報新報

お受験から最新家電まで、真の情報を提供するニュースメディア

■神奈川県公立高校倍率が確定!公立人気が上昇


1月7日は2014年神奈川公立高校入試の志願変更締切日でした。全日制公立高校の平均倍率は1.20倍(前年:1.19倍)とやや上昇。入試制度改革1年目で不安の多かった昨年と比べると、2年目となり不安が軽減され公立志向が強まりました。普通科は平均倍率1.21倍(前年1.18倍)と人気が大きく伸びました。逆に専門学科は、農業科、工業科などで志願者が減り倍率は低下。専門学科の全体平均は1.14倍(前年:1.21倍)です。どの高校に人気が集まったのでしょうか。注目の高校を中心に見ていきましょう。


■県下トップ校―横浜翠嵐,湘南,柏陽,川和,厚木


始めに、全県模試やWもぎで「最難関の公立トップ校」レベルの偏差値に位置する公立5校を見てみましょう。注目No.1は横浜翠嵐高校。東大合格者数を11名→17名に伸ばし昨年の県内公立トップに躍り出ました。2.23倍(前年:2.07倍)と予想通りの大幅上昇。最上位層が増え難易度は大きく上がりそうです。前年は最終の実質倍率が1.61倍でした。今年は実質でも1.8倍を超えそうです。ライバルの湘南高校は、1.68倍(前年:1.86倍)と低下。昨年よりは少し入りやすくなりそうです。


柏陽高校1.44倍(前年1.48倍)とやや入りやすくなりました。教育志向の似た横浜サイエンスフロンティア高校の開校などで以前よりも偏差値は下がってきています。実質倍率は1.34倍程度にまで落ち着きそう。川和高校は昨年もサッカー部の全国大会出場など県内トップの文武両道で高い人気を継続。1.49倍(前年:1.51倍)とほぼ前年並みに。厚木高校は近年、最上位層が湘南や川和に流出して倍率が低迷気味でした。しかし今年は入りやすさが好感を呼んだか倍率上昇。1.29倍(前年:1.11倍)と前年のような緩さは感じられません。以上の5校は県内のトップ学力層が集まるため、倍率にかかわらずハイレベルな争いとなります。気を抜かず頑張りたいものです。


 


地区上位校―YSHは入りやすく,横浜緑ヶ丘は志願変更多く緩和


上のトップ5校に次ぐ地区トップ校や2番手の上位校を見てみましょう。横浜サイエンスフロンティア高校(YSH)は、前年よりも大幅に志願者が減り1.55倍(前年:1.76倍)です。昨年が高すぎたこともあり敬遠傾向が強まりました。しかしそれでも高倍率です。横浜緑ヶ丘高校は、志願変更前はかなりの高倍率でしたが、62人の大量の受験生が志願変更。結果前年よりも倍率はやや低下し1.51倍(前年:1.55倍)です。近頃は進学実績の低迷で偏差値も下がり気味でしたが、新校舎効果もあり人気は回復基調です。希望ヶ丘高校はほぼ前年並みの1.25倍(前年:1.23倍)。しかし偏差値は2番手校レベルにまで下がりつつあり、入りやすい状態は続きます。光陵高校は立地の不便さに加え、国立大附属中との提携による内部進学者が出現し、公立中学生が敬遠する一因となっています。すっかり不人気校が定着していましたが、今年は入りやすさが好感を呼び倍率は大幅上昇の1.49倍(前年:1.20倍)です。


ほか、大和高校は前年よりも入りやすく1.32倍(前年:1.56倍)。横須賀高校はやや増え1.34倍(前年:1.30倍)。鎌倉高校は前年の高倍率が敬遠され1.28倍(前年:1.50倍)。茅ヶ崎北陵高校1.22倍(前年:1.38倍)。平塚江南高校1.13倍(前年:1.08倍)で相変わらずの緩さ。相模原高校1.26倍(前年:1.26倍)です。また2番手校で人気校の横浜平沼高校が今年は入りやすく穴場に。倍率1.13倍(前年:1.39倍)は驚きの低さです。


 




※参考リンク


平成26年度神奈川県公立高等学校一般募集共通選抜、特別募集、中途退学者募集及び別科志願者数(志願変更締切時)集計結果の概要 - 神奈川県ホームページ


 


■1日目の出願状況速報!人気校はどこ?


1月6日は2014年都立高校一般入試の出願1日目でした。1日目の時点で、普通科は男子1.53倍(前年:1.52倍)、女子1.59倍(前年:1.57倍)とやや上がり都立人気の上昇が続いています。専門学科では、商業科が前年の1.22倍から下がり1.12倍とねらい目。科学技術科は進学校としての評価の高まりから1.99倍とさらに人気を伸ばしています。


都立トップ校では、東大に加え国公立医学部合格者数が急増した日比谷高校の男子が2.96倍(前年:2.86倍)と上昇。東大合格者数が近年最多となった都立西高校も男子が2.44倍(前年2.26倍)と上昇が目立ちました。定員増の都立国立高校は前年よりやや倍率が緩和されそうです。ただし、東大合格者数を20人台に乗せ受験者レベルはハイレベルになっています。


甲子園出場を決めた注目校、小山台高校は男女共に人気が上昇。男子1.80倍(前年:1.42倍)、女子1.69倍(前年:1.55倍)です。「塾がすすめる高校」で1位となった多摩科学技術高校は2.44倍(前年:2.36倍)で人気進学校としての地位を確実なものにしています。また改革熱心で進学実績急上昇中の広尾高校は男子2.89倍、女子2.88倍の超人気。独創性を重んじる校風と伸びる進学実績でじわりと人気が高まっている豊多摩高校も、男子2.47倍、女子2.03倍と人気アップです。


ねらい目の学校は、進学校では墨田川高校、都立武蔵高校、都立城東高校、白鴎高校、目黒高校、富士高校、大泉高校、清瀬高校は今年は倍率が低めです。志願変更先として非常におすすめです。墨田川高校は入試問題グループ化の影響で敬遠されていますが、実際には特別な試験対策は必要ありません。都立3番手校の共通問題校からの志願変更もまったく問題がなくおすすめです。




※リンク


 ・平成26年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(願書受付1日目)



★2014年の都立高校入試大予想 志望校調査からわかること


■普通科は前年並み 商業科がねらい目、科学技術科の人気高まる!


 東京都教育委員会は1月8日午後、「平成26年度 都立高校全日制等志望予定(第1志望)調査の結果」を公表しました。2014年度(平成26年度)の都立高校入試を占う最も信頼度の高いデータとなります。数値はすべて、12月時点での都内の公立中学生の進路希望調査となります。今回は、事前のVもぎ、Wもぎの最新の志望状況も踏まえて、推薦入試と一般入試を予想します。


2014年度の志望校調査での全日制都立高校志望率は76.99%。前年の77.72%から低下したものの、引き続き高い都立志望率となっています。普通科に絞ると、男子は平均1.35倍と前年度と変わらず。女子も平均1.42倍で前年より0.01の微減にすぎません。つまり全日制普通科は全体で見ると、昨年と変わりない人気を集めています。大きな変化があったのは商業科で、前年の1.07倍から0.08下がって0.99倍とわずかながら定員を割っています。商業科はねらい目となりそうです。


 工業科は前年と変わらない1.07倍。前年は志望校調査の段階で定員割れをした福祉科(野津田高校)は1.69倍と大幅な人気アップです。また科学技術高校と多摩科学技術高校の志望者数が増加し、科学技術科全体で1.50倍(前年:1.38倍)と人気上昇が続いています。総合学科は1.30倍(前年:1.27倍)と人気上昇。一方、単位制普通科は1.38倍(前年:1.42倍)と倍率が下がり、ねらい目の学校が出てきています。


 




 



★都立トップ校の入試予想


■定員増の国立高校がチャンスやや拡大! 日比谷は医学部効果も 



・日比谷高校  (男)1.95倍→2.21倍 △ 


        (女)1.64倍→1.55倍 ▼


・都立西高校  (男)1.79倍→1.79倍 =


        (女)1.50倍→1.49倍 =


・都立国立高校 (男)1.85倍→1.67倍 ▼


        (女)2.02倍→1.54倍 ▼


※倍率は2013年→2014年の志望校調査。△は前年比増、▼は減、=は前年並み



 栄光ある都立トップ校の3校から見てみましょう。都立復権の象徴である日比谷高校は、男子の志望倍率2.21倍と急騰。安定した東大合格者数はもちろん、2013年度は国公立医学部医学科に26名の大量合格を出したことから、「高校入試から東大・医学部を目指すなら日比谷」という選択が定着してきています。男子の倍率が2.2倍台に達したのは2010年以来4年ぶり。開成高や筑波大附属駒場高の合格辞退組もかなり増えており、今年はかなりの激戦必至です。女子は前年並みの難易度でしょう。


 都立西高校は2013年度、東大34名、京大10名など大学進学実績で大躍進を遂げました。そのためトップレベルの学力層が前年より増えており、開成高、筑波大附属駒場高、東京学芸大学附属高などの合格辞退での入学が前年以上に増えると予想されます。ただ難易度の高さからチャレンジ層が減り倍率は前年より少し高いぐらいでしょうか。


都立国立高校も東大合格者数を20人台に乗せ、多摩地区最難関校の貫録が出てきました。今年は都立トップ校で唯一、1クラス分の定員が増えるため、倍率は昨年・一昨年よりは落ち着きそうでチャンス拡大。しかし東大20人超え効果でやはり上位層が増えたため難易度は変わりません。


都立トップ校は、他の都立高校よりも、開成高校、筑波大学附属駒場高校、東京学芸大学附属高校、早慶附属高校の国私立高校の影響が倍率や難易度に強く反映されます。都内の大手進学塾SAPIXの2013年合格者体験記を見ると、当たり前のように、開成高校と日比谷高校に合格して、日比谷高校に進学した生徒の体験記が掲載されています。5~6年前からこの傾向が顕著になりだしてきましたが、特に2013年度の昨年は、開成、筑駒、学芸大附属を第二志望にしての都立トップ校進学者が当たり前となった感があります。


その背景には、「国私立の中高一貫校への途中入学は大学受験で不利」という実態が明らかになったことも一因です。例えば、都内の私立進学校、城北高校は、2014年度の東大合格者12名のうち、高校入試の入学者は0名でした。開成高校でも新高(=高校入試組)の学力低迷が叫ばれています。これらの学校は、6年間在籍することが前提のカリキュラムが組まれていますから、途中から入るとかえってデメリットが大きく、ついていけなかったり、いびつなカリキュラムとなってしまうのです。一方、都立トップ校はその間に、「3年間で東大や医学部に合格させる」ノウハウを蓄積してきました。その結果、高校入試組に限定すると、国私立のトップ校でさえも、進学実績で都立トップ校に勝てなくなってしまったのです。


さらに、一部の学校での内進生との軋轢報道、筑駒の先生による「高入生が内進生に馴染めない」という報告書の波紋、学校行事や部活動が内進生主導になってしまう問題も明らかにされ、高校受験生や保護者の間で、内進生の存在しない、全員一斉スタート型の進学校が求められたことも忘れてはなりません。


 


★都立2番手校の入試予想


■青山と偏差値並んだ新宿! 立川は上昇、国分寺はやや落ち着く



・戸山高校   (男)2.37倍→1.89倍 ▼


        (女)1.54倍→1.63倍 △


・八王子東高校 (男)1.36倍→1.33倍 ▼


        (女)1.22倍→1.31倍 △


・立川高校   (男)1.50倍→1.81倍 △


        (女)1.60倍→1.59倍 =


・青山高校   (男)1.66倍→1.62倍 ▼


        (女)1.59倍→1.67倍 △


・新宿高校  (男女)2.19倍→2.18倍 =


・国分寺高校 (男女)1.98倍→1.62倍 ▼


・都立武蔵高校 (男)0.77倍→.0.74倍 ▼


        (女)0.82倍→0.85倍 △


・両国高校   (男)1.49倍→0.97倍 ▼


        (女)1.03倍→1.26倍 △



激戦の都立2番手校の8校を見てみましょう。5年連続で志望校調査の倍率が2倍を超えていた戸山高校の男子が今年は1.89倍でやや落ち着きそう。2年連続で東大に2ケタ合格を達成したとによりここ数年で人気が集中。難易度が上がり続けていました。さすがに上がりすぎて今年はやや敬遠されたようです。しかしそれでも高倍率であることは変わりありません。八王子東高校はほぼ例年並みの少数精鋭の入試に。


 立川高校は東大5名の大躍進の波に乗り、男子倍率が1.81倍と急騰。5年ぶりの高倍率で、ボーダー偏差値も上がっています。青山高校は、前年にやや減った上位学力層が戻り、今年は例年通りの激戦になりそう。奇跡の復活を遂げた改革派・新宿高校は偏差値の上昇が止まらない。10年連続で偏差値が上がっています。青山高校と同等になったと考えてください。彼らが高校を卒業する3年後には進学指導重点校入りも現実味を帯びてきました。


 両国高校都立武蔵高校は、募集人数が少ないことからこの時点での倍率は不安定になりがちで、あまり参考にはなりません。人気校ですから倍率が割れることはまずあり得ないと考えてください。しかし穴場校であることには変わりなく、志望校変更先として検討したい学校です。


 


★都立3番手校の入試予想


■多摩科学技術が「台風の目」に! 三田・駒場など人気校は不変!



・三田高校   (男)1.70倍→2.21倍 △


        (女)2.29倍→2.36倍 △


・竹早高校   (男)1.30倍→1.58倍 △


        (女)1.62倍→2.09倍 △


・白鴎高校   (男)1.13倍→0.69倍 ▼


        (女)1.26倍→0.64倍 ▼


・都立城東高校 (男)1.70倍→1.60倍 ▼


        (女)1.45倍→1.14倍 ▼


・小山台高校  (男)1.36倍→1.61倍 △


        (女)1.49倍→1.52倍 △


・都立駒場高校 (男)2.25倍→2.22倍 ▼


        (女)1.95倍→1.98倍 △


・都立富士高校 (男)1.77倍→1.00倍 ▼


        (女)1.31倍→1.13倍 ▼


・豊多摩高校  (男)1.69倍→1.98倍 △


        (女)1.77倍→1.79倍 =


・北園高校   (男)1.81倍→1.68倍 ▼


        (女)2.04倍→1.97倍 ▼


・大泉高校   (男)1.56倍→1.28倍 ▼


        (女)0.59倍→0.72倍 △


・小松川高校  (男)1.56倍→1.76倍 △


        (女)1.17倍→1.51倍 △


 


・武蔵野北高校 (男)2.30倍→1.89倍 ▼


        (女)2.30倍→1.86倍 ▼


・小金井北高校 (男)2.12倍→2.32倍 △


        (女)2.30倍→2.21倍 ▼


・調布北高校  (男)1.51倍→1.39倍 ▼


        (女)1.44倍→1.57倍 △


・多摩科学技術(男女)1.70倍→1.91倍 △


・日野台高校  (男)1.40倍→1.43倍 △


        (女)1.31倍→1.53倍 △


・町田高校   (男)1.69倍→1.67倍 =


        (女)1.66倍→1.60倍 ▼



 


華の都立3番手校”は今年も大激戦の入試となりそう。注目は「多摩地区の台風の目」となっている多摩科学技術高校でしょう。開校からわずか4年で都立3番手校の難関進学校の仲間入りを果たしました。知名度不足から開校後2年は定員割れ。しかし良質で評判の理数教育、驚くほど良かった一期生の大学進学実、全国屈指の理系実験設備を持つ新校舎の完成、SSHの基幹高としての指定など追い風が相次ぎ、2013年の「塾が進める注目の高校」にも、新宿高校以来の1位認定を受けました。「多摩科学技術高校 2014年度入試予想」の記事でも書いている通り、Vもぎの志望状況では前年比で偏差値が最も伸びています。立川高校や国分寺高校などの都立2番手校志望者はもちろん、都立トップ校志望者も理系志向ならぜひ検討に値する21世紀型の新しい進学校です。


ほか多摩地区のサンキタ(武蔵野北高校小金井北高校調布北高校)は相変わらずの大人気。3校とも大学進学実績がここ数年で飛躍的に伸びていることが評価されています。区部の都立三田高校都立駒場高校の超人気ブランド校も、もはや毎年恒例の超高倍率。これらの学校は、VもぎやWもぎの判定で最低でもA判定はないと厳しいでしょう。B判定やC判定ならば志望校変更も視野に入れましょう。野球班の21世紀枠での甲子園出場が期待される小山台高校も人気が高まっています。小山台は、三田や駒場とは一線を画する“硬派”の古き良き進学校。良い意味でマジメな生徒が多く、理系進学に強いことで有名です。都立3番手校に復帰した豊多摩高校は、好調な進学実績から偏差値が上がっています。判定が厳しい場合は志望校の変更も視野に入れましょう。


 


★その他の注目校の入試予想


■改革派の文京高校、広尾高校が爆発的な人気集める


このほか、都立3番手校入りの最有力候補である文京高校が男子2.20倍、女子2.27倍と大人気。文京高校は数年前から国公立クラスを設置。その結果、国公立大合格者数が年々増え、2013年は近年最多を記録し話題となっていました。地道な努力がしっかりと評価されたかたちになりました。広尾高校も改革派。生活指導をしっかりおこない落ち着いた校風に。大学進学重視を前面に掲げ、「大学入試研究部」の創設や講習、補習の充実など、大改革が成功。進学実績も一気に上がり、学校全体の評価が上がりました。男子は2.34倍、女子は2.58倍と最高の倍率を記録しています。


進学校で狙い目は墨田川高校。倍率は1.23倍とやや落ち着きそう。理由は、グループ作成問題で、偏差値の高い新宿高校・国分寺高校と一緒になったため、問題の難易度が急激に上がるのではという不安から敬遠されたようです。しかし、グループ問題は複数難易度の違う問題が用意され、しかも一部問題を独自に差し替え可能なので、前年より難易度が大きく上がることはまずあり得ません。墨田川高校は、区部だと一・二を争う極めて大学受験指導の面倒見が良い学校として有名で、特進クラスもあります。小松川高校、北園高校、竹早高校などの都立3番手校志望者は、ぜひ墨田川高校も志望変更先として検討してみてください。






 


↑このページのトップヘ