情報新報

お受験から最新家電まで、真の情報を提供するニュースメディア

■2年目の東大推薦入試! 初めての出願校が急増!


2017年2月8日、東京大学で2回目となる推薦入試の合格者が発表されました。昨年度初めて導入された東大の推薦入試は、その高すぎるハードルから推薦受験を敬遠する学校が少なくありませんでした。今年はその反省から、全国の高校へ推薦入試への周知が進み、前年よりも多くの高校から出願がありました。

159校からあった出願のうち、105校が初めての出願だったと大学が公表しています。東大が推薦入試を導入した背景には、開成高校のような、一部の別学系私立中高一貫校が合格者数を占める状況を変えるためです。そのため、推薦入試は、全国の有力公立高校が有利な状況となっています。合格者数は1校につき男女各1人までと制限されているために、開成や筑駒、灘、桜蔭といった国私立中高一貫校には著しく不利な仕組みをとっています。

今年はどの高校から推薦入試の合格が出たのでしょうか。中高受験新報の独自取材のもと、2月9日現在での合格をまとめました。





■県立広島高校が合格2名の快挙! 全国の公立有力校が躍進


全合格者数71名のうち、2名の複数名合格の快挙を達成したのが、広島県にある県立広島高校です。男女合わせて2名合格の全国最多輩出校となりました。

県立広島高校は、広島県が威信を賭けて2004年に創立したモデル校で、公立中高一貫校です。広島県の公立高校は長年にわたって“平等”の名のもとに総合選抜制度や学区制が維持され、公立高校が衰退してしまい、中学受験が過熱化し、私立優位の状況が続いていました。

2000年代に入ると、公立高校の復権が著しくなり、中でも県立広島高校は、市立基町高校と共に公立復権の象徴的存在でした。県立広島高校は、スーパーグローバルハイスクールに指定され、修学旅行も海外へ行くなどのグローバル教育の先進校。今回の東大推薦2名合格によって、公立復権はますます勢いづきそうです。

合格校の内訳を見ると、北海道の名門、札幌北高校は2年連続の推薦合格を輩出。青森県の御三家の一角、八戸高校や、埼玉県の名門、浦和高校、福島の磐城高校といった全国の有力公立高校からの合格が目立ちます。また、福岡の久留米大附設高校と、東京の桜蔭高校が東大理科三類の推薦合格を出す快挙を達成しました。


■東京の多摩科学技術高校の合格が教育関係者に与える衝撃


今回の合格発表で最も大きな衝撃を与えているのが、小金井市の都立多摩科学技術高校から東大推薦合格が出たことです。

多摩科学技術高校は、2010年に開校した科学技術科の理系専門進学校。1年次から、バイオテクノロジー、ナノテクノロジーといった先端技術4領域の基礎を学び、2年次より専門分野の研究を各自が探究、大学の卒業論文さながらの卒業研究を行うという、従来の教育の既成概念を打ち破った21世紀型教育の実践校です。

学校の設備は、見学者が「大学並みだ」と驚愕するほどの一流の設備。充実した研究環境と21世紀型教育が評判を呼び、全都から優秀な受験生が殺到しています。

「東京で最も、新しい大学入試制度に強い進学校だ」と前々から評判でしたが、今回の東大推薦合格の輩出はそれを証明したといえます。

大学の関係者が「多摩科学技術高校の出身者は、実験や実習に対する知識や姿勢がずば抜けている」と称賛したといいます。このような教育を行う本物志向の学校が、脚光を浴びる時代になったということでしょう。



★現時点で判明している東大推薦合格を出した高校

●県立広島高校(2人)
●県立八戸高校
◎神戸大学附属高校
●札幌北高校
●県立浦和高校
●都立日比谷高校
◎筑波大学附属高校
〇桜蔭高校
●都立多摩科学技術高校
●前橋女子高校
〇真和高校(熊本)
〇早稲田高校
●土浦第一高校
●磐城高校(福島)
●金沢泉丘高校
〇久留米大学附設高校
〇昭和薬科大学附属高校




PCスピーカーを変えて劇的な音質改善!2017年版


音楽をパソコンで楽しむ機会が増えています。わざわざCDを買わずに、パソコンで音楽をダウンロードしたり、You Tubeやニコニコ動画などの動画サイトから音楽を聞くのは楽しいものです。最近の音楽は高音質化が進んでいて、従来のCDをはるかに超えるような”超高音質”が増えてきました。

そこで大切になってくるのがPCスピーカー。せっかく高音質な音楽であっても、液晶ディスプレー内蔵スピーカーでは台無し。変えるだけで劇的に音質が変わります。

このページでは、2017年の最新のPCスピーカーベストバイを、膨大なスピーカーの中から比較し厳選しました。ここから購入すれば間違いなしと断言します。また、今回はそれなりに売れているスピーカーの中から、あえていくつかを、購入をおすすめしない【微妙】評価をつけ公開しています。購入の際の参考にしてみてください。



■■1000円台の激安高音質PCスピーカー■


 

□【ベストバイ◎】LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

 ~1000円台のPNo.1売り上げPCスピーカーはやっぱりGood!~

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW




LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
 ロジクール (2011-06-24)
売り上げランキング: 1





 


 

 

□【微妙△】サンワサプライ USB電源マルチメディアスピーカー MM-SPL2NU2

~とにかく安いけど、安いだけがとりえ~


 

■■予算5000円のおすすめPCスピーカー■■


「えっ、何この音!今までと全然音が違う!!」と感動するレベルの音質向上するのはこのレベルのPCスピーカーから。1000円台の格安スピーカーでは味わえない音質環境を得られます。私が本当におすすめしたいのはこのラインから!

□【ベストバイ◎】 ステレオワイヤレス スピーカーシステム  SP-T12W

~低価格のワイヤレスPCスピーカーNo.1~

Creative T12 Wireless デスクトップ ステレオワイヤレス スピーカーシステム Bluetooth SP-T12W




 

□【ベストバイ◎】LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z313

~重低音重視の低価格PCスピーカーNo.1~

LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z313





 

□【微妙△】サンワサプライ サウンドバースピーカー MM-SPSBA2N

~横へ置くスタイルはイイが、製品の質にムラあり~

サンワサプライ 液晶テレビ・パソコン用サウンドバースピーカー MM-SPSBA2N



サンワサプライ(2016-08-01)
売り上げランキング: 36






↑△評価のこのPCスピーカーは、製品によって右左の音の大きさが違ったり、高音で音割れが激しかったり。製品に当たり、ハズレがあるのが残念。音質も値段の割にイマイチ。横に置くスタイルはいいんですけどね……。

 


 

 

■■予算1万円のおすすめPCスピーカー■■


□【ベストバイ◎】ONKYO WAVIO パワードスピーカーシステムGX-70HD2(B)

~1万円台のPCスピーカーNo.1の音質~

ONKYO WAVIO パワードスピーカーシステム ブラック ブラック GX-70HD2(B)




 

□【ベストバイ◎】BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー

~小型なのに重低音がすごい!小型+重低音重視でNol.1~

【国内正規流通品】BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー




 

■■予算2万円のおすすめPCスピーカー■■


□【ベストバイ◎】ONKYO WAVIO パワードスピーカーシステムGX-D90(B)

~中高音の表現が最強の2万円PCベストバイ~


 

□【ベストバイ◎】harman/kardon 2.1chスピーカー  SOUNDSTICKS3J

~特異なデザインは秀逸! 重低音の表現が素晴らしい~

【国内正規品】harman/kardon 2.1chスピーカー 高音質アンプ内蔵 Bluetooth対応 SOUNDSTICKSBTJP






 

■■予算3万円のおすすめPCスピーカー■■


□【ベストバイ◎】BOSE Computer MusicMonitor マルチメディアスピーカー M2

~小型スピーカーの最高峰~








■デスクライトの選び方は!?


デスクライト(テーブルランプ・卓上スタンド)を選ぶ際のポイントは何でしょうか。

インテリアとして考えると、デザインは一つの基準になるかと思います。最近は、本当に様々なテーブルランプが販売され、奇抜なデザインも目立ちます。

機能面で考えるのであれば、蛍光灯タイプLEDタイプか。蛍光灯と比べて電球が非常に長持ちする点で、LEDタイプは優れていますが、従来のLEDランプには決定的な欠点がありました。「多重影」といって、複数の影が出てしまう現象です。テーブルや机に複数の影が映ると、気持ちが悪いのです。しかし、最近は多重影対策をしたデスクスタンドも増えてきました。

今回は、家電批評雑誌や日経新聞の家電ランキングの実際の専門家の意見を集約して、ベスト3のおすすめランキングを作成しました。この中から選べば後悔することはありません。購入の参考にしてみてください。2017年の最新のランキングです。

■1位 「自然光 LEDデスクライト PRO」


~長時間の使用を考えるなら本製品がベストバイ~

自然光 LEDデスクライト PRO(ホワイト) LEDデスクスタンド W




光の調節は5段階調整可能。光の照射角度を変更できるティルト機能も搭載。消費電力も少なく経済的。4つの調光モードがあり、読書、勉強、リラックス、おやすみと、場面に応じた調整が可能。さらに便利なのは、スマートフォンや携帯音楽プレイヤーなどを充電することができるUSBポートがついていること。細かい心配りがうれしいところ。

価格は、はっきり言って高いです。廉価製品も多い中で、1万円以上します。しかし、長時間の使用による体への負担を考えると、この製品が間違いなくベストバイ。安物を買って、健康を失わないように。

■2位 「Panasonic LEDデスクスタンド 置き形 SQ-LD521」


~パナソニックならではの安定した製品の作りは高評価~

Panasonic LEDデスクスタンド 置き形 シルバー SQ-LD521-S



パナソニック(Panasonic) (2014-06-20)
売り上げランキング: 4





2位はパナソニックのデスクスタンド。「文字くっきり光」を売りにしてるように、勉強や読書などに最適の色温度と明るさで均一に照らせます。可動性が高く、高さを一定に保ちながら横に移動も可能。この自由自在の動かしやすさは使う上で大変便利です。20%から100%の調光ボリュームも搭載。さすがパナソニックの安定した作りです。

■3位 「Mospro LEDデスクスタンド」


~激安なのにタッチボタンにUSBポートなど充実の機能に驚き!~

3位は2000円以下の激安デスクスタンドがランクイン。2016年までは、現4位製品が激安デスクスタンドのNo.1売り上げ製品でしたが、2017年は順位が入れ替わり、この「Mospro LEDデスクスタンド」が売れています。

今までの激安デスクスタンドは、価格が安い代わりに、明るさの調整機能がなく、電気を付けるか消すかだけのシンプルなつくりでした。この激安デスクスタンドは、三段階の明るさ調整があり、軽く触れるだけで光るタッチパネル機能も搭載。さらにUSB充電機能まである超充実の機能です。さらに、アーム部分も好きな角度に自由自在に調整可能。この安さでここまで多機能なデスクスタンドが出現するとは驚き!

残念な点を挙げれば、最大の明るさに調整するときは、わざわざ3回タッチしなければいけないところがやや面倒。明るさは最大にしても、勉強時などある程度の明るさが欲しいときはやや暗いと感じるかも。それが気になるなら、1位~2位製品を買うべきです。とにかく1円でも安いデスクスタンドが欲しいという価格重視派にとっては、間違いなくベストバイです。

■3位 「GENTOS LEDデスクライト ルミリオン S56 」


~3位商品の台頭で目立たなくなった激安品 明るさはこっちに軍配~

GENTOS LEDデスクライト ルミリオン S56 【明るさ 160ルーメン】 白 DK-S56CWH






↑このページのトップヘ